また、たくのすけのブログ

基本、Twitterには書き切れない、向かない内容をこちらに。

Webの広大さ、狭小さ。

さて、さっそく2回目の投稿。

 

昨夜、ブログ始めた旨をTwitterに書いてみたら、まぁなぜかそこそこ反響があり…

やめられなくなった(^.^)

 

意外と今の時代ブログを見たい方が多いのかもしれないね。なるほど…ね。そう考えた瞬間

もっとやめられなくなった(^.^)

 

まぁすぐにはやめないけどね。

前のブログやってた時ね、やめたくなった理由なんだったけと考えてみたら、ヤバいのがあったのを思い出した。

当時働いてた職場でのこと。ある日…っていうか、2010年秋のことだ。衝撃過ぎて鮮明だ。

「ちょっとたくのすけさん、これ、やり方分かる?」と隣の席の上司がパソコンの画面上での操作を聞いてきた。開かれていたのはIEの画面で、目に付いたブックマーク欄。そのリストの中に一際見覚えのある文字があったわけ。

 

"たくのすけのブログ"

 

え…

 

思わず声に出してしまった。

画面上のカーソルは小刻みに震えていたが、説明を終えなければ。頑張れたくのすけ。そして、

 

なぜ知っている…

 

次のターンで深まる謎。

今までにその話題すら出なかった。それどころか、SNSに興味すらなかった上司。考えれば考える程恐ろしくなってくる。

 

きっと、オレが出張で席を外してる時…

(どーれ、たくのすけのブログ見ーちゃお!お、更新されてる、ふむふむ…ぎゃはは、何それ!笑)

的な感じで見ていたに違いない。

 

出張から帰って来れば、何食わぬ顔で「おかえりなさい!疲れたでしょお茶どう?(くくく…笑)」って言っていた訳だ、恐ろしい。

 

資料の作成に追われていたあの日もきっと隣の席では…

「終わりそう?手伝おうか?(ぷーっ!!!何これウケる、めちゃスベってんじゃんブログ。)」

ってなっていたなんて…この世界で1番恐ろしい生き物…そう人間だ。人間が隣の席で働いていた。

 

皆さんも想像してみてほしい。

職場の隣の席の、電車の隣の席の、また食卓を囲む家族のスマホがたまたま視界に入った時、自分のSNSのページが開かれていたら…

 

はー!怖い!!

 

 

本日でブログを閉鎖します