読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

また、たくのすけのブログ

基本、Twitterには書き切れない、向かない内容をこちらに。

さて、えーと、ご存知かと思います。僕…

 

サボってました。


でも、安心して下さい。ネタ書き溜めてま…

 

始めます。

 

今日は春と桜のお話。
そう聞いて、何を思い浮かべるでしょうか?

2月下旬になりましたが、もうなんか冬に飽きちゃいまして。飽き過ぎて毎日YouTubeで鳥のさえずり聴いたり、鳥のさえずり聴いて過ごしてますよ。

そもそも、東北の冬って長過ぎるんですよね。
まぁ、東北以外の方からしてみれば伝わりづらい話なんですが、だいたい11月から3月までが冬です。
そう、1年のうち4ヶ月が冬。残りの8ヶ月を春と夏と秋で割り切れないのが東北です。
8÷ (春+夏+秋)=(^.^)

 

どうでもいいですね。

 

要は冬を残り1ヶ月残したところで、春が待ち遠しくなった訳です。
早く薄手のコート着たいし、午後に窓開けて本読みたいし、何より桜が見たいです。

合わせて年度末、日本という国による出会いや別れの強制イベントがやってきますね。教育機関も社会も3月に年度が終わって、卒業や異動や退職の時期。悲しみに打ちひしがれてるそんな時、桜という花はとても綺麗に咲き誇るんです。
考えれば考える程、春を年度末にした理由をとても知りたくなってくる。
日本人で春と聞いて、思い入れがない人なんているのかなあ?僕は桜と聞いて思い出す人がいるくらいです。

 

日本人のいう"桜"と、外国人のいう"SAKURA"が違うように、やはり桜は日本人に取って特別なもの。
今年の春も見上げた先に桜は咲いていて、人の心に一つの区切りと、前を向かせる覚悟を芽生えさせる。また、遠い過去の記憶を思い出させたりするのでしょうね。

 

そして、そういう季節を日本人は何度繰り返していくのだろうかと、僕は考えてしまうのです。

Webの広大さ、狭小さ。

さて、さっそく2回目の投稿。

 

昨夜、ブログ始めた旨をTwitterに書いてみたら、まぁなぜかそこそこ反響があり…

やめられなくなった(^.^)

 

意外と今の時代ブログを見たい方が多いのかもしれないね。なるほど…ね。そう考えた瞬間

もっとやめられなくなった(^.^)

 

まぁすぐにはやめないけどね。

前のブログやってた時ね、やめたくなった理由なんだったけと考えてみたら、ヤバいのがあったのを思い出した。

当時働いてた職場でのこと。ある日…っていうか、2010年秋のことだ。衝撃過ぎて鮮明だ。

「ちょっとたくのすけさん、これ、やり方分かる?」と隣の席の上司がパソコンの画面上での操作を聞いてきた。開かれていたのはIEの画面で、目に付いたブックマーク欄。そのリストの中に一際見覚えのある文字があったわけ。

 

"たくのすけのブログ"

 

え…

 

思わず声に出してしまった。

画面上のカーソルは小刻みに震えていたが、説明を終えなければ。頑張れたくのすけ。そして、

 

なぜ知っている…

 

次のターンで深まる謎。

今までにその話題すら出なかった。それどころか、SNSに興味すらなかった上司。考えれば考える程恐ろしくなってくる。

 

きっと、オレが出張で席を外してる時…

(どーれ、たくのすけのブログ見ーちゃお!お、更新されてる、ふむふむ…ぎゃはは、何それ!笑)

的な感じで見ていたに違いない。

 

出張から帰って来れば、何食わぬ顔で「おかえりなさい!疲れたでしょお茶どう?(くくく…笑)」って言っていた訳だ、恐ろしい。

 

資料の作成に追われていたあの日もきっと隣の席では…

「終わりそう?手伝おうか?(ぷーっ!!!何これウケる、めちゃスベってんじゃんブログ。)」

ってなっていたなんて…この世界で1番恐ろしい生き物…そう人間だ。人間が隣の席で働いていた。

 

皆さんも想像してみてほしい。

職場の隣の席の、電車の隣の席の、また食卓を囲む家族のスマホがたまたま視界に入った時、自分のSNSのページが開かれていたら…

 

はー!怖い!!

 

 

本日でブログを閉鎖します

また、はじめました。

なーんか、はじめちゃいました。

違うアプローチで書きたくなったというか、160字じゃ足りなくなった感じです。

他にも、”大人になった”とか”立場が変わった”とか”今だから書けること、書きたいことが出来た"から、とでも言いましょうか。

でも、決定打は"いい文章を目にする機会が増えた"ってやつです。

だから、誰が読んでも割とすっーと読める不特定多数向けのブログになるかと。

 

さて、昔のブログの最終更新は2011年3月…。6年ぶりの再開です。

"また、たくのすけのブログ"よろしくお願いします。